初めまして!極ストレッチの鴨志田です。

今回はストレッチとトレーニングの関係を紹介したいと思います。

人生初のブログなので拙い文章なのはお許しください…

「運動の始めと終わりはストレッチをする」という方は多いと思います。もちろん運動の前後にストレッチを行うのは非常に大切です。

そもそも何故運動前、運動後にストレッチをするのでしょう?

疑問に思った方いませんか。

まず、ストレッチにも色々と種類があります。ですが、大きく分けると『動的ストレッチ』と『静的ストレッチ』この2種類に分かれます。

動的ストレッチは、体を動かしながら行うストレッチのこと。ラジオ体操やブラジル体操などがこの動的ストレッチにあたります。

動的ストレッチは運動の前に行うのがベストです。体を動かすストレッチなので関節を動かします。屈伸や肩回しなど関節を動かし可動域(動かす範囲)を広げていきます。可動域を広げることによって、運動の効果や怪我の予防などになります。

静的ストレッチは『伸ばす』ストレッチ のこと。長座体前屈やアキレス腱のストレッチをイメージすると分かりやすいと思います。

こちらは、運動後にするのがベストです。『伸ばす』ということで柔軟性の向上や、疲労を軽減する効果が期待できます。

では、実際にトレーニングとどういった関係があるのか。

よくフィットネスジムやマッサージ店などで「体が硬い」という言葉を耳にすると思います。

体が硬いと良くないのでしょうか?

結論から言うと、もちろん良くないです!

体が硬い=筋肉の柔軟性が低いと考えられます。トレーニングで体を動かすと、必ず筋肉が伸びたり縮んだりします。筋肉の柔軟性が低いとこの筋肉の伸び縮みが悪く、すぐ疲れたり怪我の原因になります。

それだけではなく、運動の効果も減少させてしまいます。

運動しているのに痩せない…

なかなかウェイトの重量が上がらない…

など、自分の思うように結果が出ない時があると思います。

そんな時、どうしますか?

もっと強度の高い運動をしたり、重量や回数を増やしたりしますか?

しかし、実際は筋肉の柔軟性が低く関節の可動域が狭いことが原因ということも…

じゃあ、ストレッチをすれば痩せやすくなったり、ウェイトの重りを増やすことができるのか?

答えはYES!

ストレッチをすることで、筋肉の柔軟性が上がり関節の可動域が広くなります。

可動域が広くなるということは、動きが大きくなり結果として消費カロリーを多くしたり、ウェイトを下げる際にいつもよりも深く下げることが出来たりします。

さらにストレッチは普段あまり動かさない筋肉も伸ばしたり、緩めたりします。

筋肉は動かさないとどんどん固くなり、筋肉が固まることによって血流が悪くなり、体のデトックスが悪くなります。

それにより、筋肉に十分に栄養が届かず疲労の回復や、筋肉の成長を遅くさせます。

ただ、体を柔らかくするだけではなく体の体質まで改善できる、それがストレッチです。

よく運動で体質の改善ができるということは聞きますが、ストレッチでも同じことが言えます。

TVに出たことのある大食いの方は、たくさん食べる為にストレッチをしたり、プロのスポーツ選手はほぼ毎日ストレッチをしたりします。

しかし、自分一人では正直しんどいという方もいるでしょう。またはどんなストレッチをしたら良いかわからないという方もいるでしょう。

フィットネスジムやスポーツクラブに行けばトレーニングからストレッチまで一から教えてくれたり、今はパーソナルジムも増えていますので、自分にあったトレーニングからストレッチを教えてくれると思います。

ですが、ストレッチも本当は誰かにストレッチをかけてもらったほうが、断然良いです。

皆さんはパーソナルストレッチという言葉を聞いたことがありますか?

ストレッチを受ける側は完全に脱力した状態でスタッフにストレッチをかけてもらうストレッチの方法です。

脱力しているので普段力が入ってしまい、なかなか伸ばしにくい部分もしっかり伸ばせます。

それだけではなく、体の奥深くの深層筋まで伸ばせるので普段動かさない筋肉も動かします。

つまり、トレーニングでは動かしにくい部分の筋肉までストレッチで動かすことによって、文字通り

『全身の筋肉を動かす』ことができます。

ダイエットでは基本大筋群を動かし、ウェイトトレーニングではメインとなる筋肉を動かしていくというトレーニングのやり方をしている方が多いと思います。

もちろん、個人差がありますからやり方が合っていれば良いと思います。

ですが、筋肉は全て繋がっています。

筋肉は1つでは機能せず周りの筋肉も連動して動いています。さらに言えば、踏ん張るときやバランスを取る時など様々な場面で筋肉は機能します。

この筋肉が1つでもうまく機能しなければ、トレーニングの効果は減少してしまいます。

せっかくトレーニングをしているのだから、きちんとした結果を出したいですよね?

もし、今なかなか成果が出ない方がいましたら、一度はパーソナルストレッチを受けみては如何でしょうか。

L O A D I N G